本文へスキップ

HISAYA SATO

佐藤久成 公式サイト Violinist HISAYA SATO Official Website


MEDIA PROFILE SCHEDULE DISCOGRAPHY PHOTO

LIFEWORK LESSON HISAYA EXTRA CONTACT    in English


新着情報!!!
群馬交響楽団第518回定期演奏会(2016年5月21日)

ギャラリー

イメージ01

佐藤 久成

イメージ02

さとう ひさや

イメージ03

HISAYA SATO

イメージ04

佐藤 久成

informationお知らせ

2016年1月22日
群馬交響楽団第518回定期演奏会に出演決定!(2016年5月21日(土)群馬音楽センター)「井上道義(指揮)、ハイドン:ヴァイオリン協奏曲第1番、ほか」
2015年11月20日
音楽の友2015年11月号に特別記事対談が掲載。「宇野功芳&佐藤久成『演奏』を語る」(P118-119)
2015年9月25日
新譜CDリリース情報!「佐藤久成+宇野功芳、仙台フィル 宇和島ライブ2015/ チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲、他」
2015年4月23日
タワーレコード・フリーマガジンintoxicate vol.115(2015年4月20日発行)にインタビュー記事掲載。
2015年3月20日
「HISAYA 魔界のヴァイオリンU」がレコード芸術4月号「特選盤」に選出!
2015年1月29日
新譜CD「HISAYA 魔界のヴァイオリン第2弾」が2月25日にリリース!ただ今予約受付中!
2015年1月28日
新刊のご案内です!佐藤久成が往復書簡に参加。「宇野功芳 対話集 演奏の本質」ONTOMO MOOK(音楽之友社)ただ今予約受付中!
2015年1月23日
インタビュー@クラシック・ニュースの取材を受けました。
2015年1月18日
ぶらあぼ2015年2月号にインタビューが掲載されています。(P55)
2015年1月15日
「音楽現代2015年2月号」プレビュー・インタビュー記事が掲載されています。 (P33)
2014年11月11日
「オーディオを超えるクラシック名盤名演奏No.121」に記事が掲載(MJ無線と実験2014年12月号/誠文堂新光社)
2014年10月18日
佐藤久成ミニライブ&サイン会@タワーレコード渋谷店(11月16日)
2014年9月30日
新譜CDリリース情報「エヴォカシオン」
2014年8月20日
NHK Eテレ「伊福部昭の世界 ゴジラを生んだ作曲家の軌跡」に出演。放送日:2014年8月30日 NHK Eテレ23:00〜23:59放送予定。。
2014年6月15日
「音楽現代2014年7月号」の特集、「記憶に残るソリストたち(その2)」に登場しています。
2014年1月18日
「音楽の友2014年2月号」に記事掲載<政財界から名手たちが集って―中村紘子邸で「2013 真冬の夜の夢コンサート開催」>(P180)
2014年1月15日
「音楽現代2014年2月号」にインタビュー掲載(P72-P73)

Review

驚くべき才能、往年の巨匠のような濃厚な音色と節回し
(音楽評論家・宇野功芳)

”鬼才” (音楽評論家・宇野功芳)

この世のものとは思えない雰囲気と色・・・
(音楽評論家・宇野功芳)

驚くべき人がいるものだ。なんともロマンティックかつスピリチュアルな演奏ぶり。ご一聴を!(音楽評論家・濱田滋郎)

繊細にして奔放、節回しには独特の色気がある。
(音楽評論家・宇神幸男)

オールド・ファンなら懐かしい、ブロニスラフ・フーベルマン風の艶麗な名演!(音楽プロデューサー・中野雄)

艶やかな歌い回しを聴かせる。どこかエルマンら往年のヴァイオリン奏者を想起させる。(音楽評論家・那須田務)

どれもが渾身の、否、全身全霊をかけた一期一会的熱演
(音楽評論家・斎藤弘美)

喜怒哀楽の表情をそのまま弦に託し、心の叫びを表現しているようなヴァイオリンは、まさに彼だけの稀有な音楽。
(音楽ジャーナリスト・伊熊よし子)

官能的で心に響く調べの誕生!(音楽ジャーナリスト・伊熊よし子)

これが強烈すぎるほど強烈だった。赤々と燃え上がる情熱の炎、そして曲の内側をえぐり取るような凄まじいポルタメントなど・・・ワーグナーの深奥な響きや毒を感じさせるとは。とにかく、だまされたと思って聴いてほしい。(音楽評論家・平林直哉)

こんなヴァイオリンを耳元で弾かれたら悪夢にうなされそうというくらい濃い口なのである。『愛の死』は、ちょっとかすれ声っぽい感じで弾き出されるのにのけぞった。これまた妖しすぎる。いいんですか、まだ若そうなのにこんな演奏しちゃって。
(音楽評論家・許光俊)

非常に濃密な肉食系の演奏である。 陶酔に継ぐ陶酔、音楽に激しく没頭し集中する演奏ゆえ、あっさり志向のひとはすぐさまギブアップするに違いない。(音楽評論家・許光俊)


(音楽の友、レコード芸術、モーストリー・クラシック、音楽現代、CDジャーナル、ステレオサウンド、ほか、各音楽専門誌・媒体より)


ナビゲーション